City centre GT3 parade and Awa-tora fan festival confirmed for Suzuka 10 Hours

2 May 2018 City centre GT3 parade and Awa-tora fan festival confirmed for Suzuka 10 Hours

SUZUKA 10Hで市街中心部のGT3パレードと「泡トラ」が開催!

> Supercars city-bound for Asia’s Intercontinental GT Challenge round
> Dekotora foam party to light up Suzuka on August 25/26

> アジア唯一のインターコンチネンタルGT選手権で、スーパーカーが市街地を走る。
> 泡とデコトラの夏フェス「泡トラ」が鈴鹿の夏を盛り上げる

The inaugural Suzuka 10 Hours will include a GT3 supercar parade through the city centre on August 23 ahead of Asia’s Intercontinental GT Challenge round.

The full entry, which currently stands at 30 GT3, GT300 and JAF GT-spec cars built by 12 manufacturers, will travel by road from the circuit to AEON Mall. While most will then return to the circuit in preparation for the event’s first track action, a selection of cars will remain in the city centre throughout the afternoon.

Further activities, such as pitstop practice and freestyle motocross, are also planned as part of Thursday’s motorsport parade, which provisionally sees cars leaving the circuit at 11:30 and arriving at AEON Mall by 12:00.

The parade takes its inspiration from another Intercontinental GT Challenge round, the Total 24 Hours of Spa, where cars and drivers travel from the circuit to the historic town via public roads (pictured above).

Indeed, Intercontinental GT Challenge organisers, SRO Motorsports Group, have worked closely with their Suzuka 10 Hours counterparts at Mobilityland to replicate the spirit of Spa-Francorchamps’ historic parade while also introducing new elements.

Meanwhile, the Awa-tora fan festival is sure to keep spectators old and new entertained on both Saturday and Sunday.

The name is an abbreviation of the party’s two core elements: foam (awa) and trucks (tora)! Organisers are eager to create a festival atmosphere at the Suzuka 10 Hours, which will include an Ibiza-inspired foam party lit by Japan’s traditional Dekotora – extreme custom-designed lorries decorated with neon lights and artwork (pictured below).

ABOUT THE SUZUKA 10 HOURS

The Suzuka 10 Hours, which becomes Asia’s sole leg of the Intercontinental GT Challenge this season, is being jointly administered by SRO Motorsports Group, Super GT organisers GT Association, and Suzuka’s management company Mobilityland Corporation.

Uniquely, the race offers FIA GT3 cars from all over the world an opportunity to compete equally against Japanese teams running similar machinery and the JAF GT-spec chassis only found in Super GT’s GT300 category.

August’s 47th Summer Endurance Race builds on the legacy of Suzuka’s previous 1000-kilometre event. Although best known previously as Super GT’s blue riband round, the race has also featured on the FIA GT Championship, BPR Series, World Sportscar Championship and All-Japan Sports Prototype Championship schedules since its establishment in 1966.

Pirelli has been chosen as the event’s official tyre supplier while prize money totalling 100-million Yen has also been confirmed.

The Total 24 Hours of Spa hosts round two of this year’s Intercontinental GT Challenge on July 26-29 before the Suzuka 10 Hours takes centre stage one month later (August 24-26). The Laguna Seca Raceway California 8 Hours closes out the campaign, which began in February at the Liqui-Moly Bathurst 12 Hour, on October 26-28.

___

初開催となる鈴鹿10時間耐久レースにおいて、インターコンチネンタルGTチャレンジの大会に先立つ8月23日、参加GT3車両による市内中心部のスーパーカー・パレードが開催されることになった。

30台の車両が参加する本大会から、のべ12のメーカーによるGT3、GT300そしてJAF GTの車両がサーキットから公開車検が行われるイオンモール鈴鹿に向かう。その後、ほとんどの車両がサーキットでの走行に備えて戻る中、一部の車両はそのまま、午後まで会場に留まることになっている。

車両は現在のところ午前11時30分にサーキットを出発し、12時にイオンモール鈴鹿に到着することになっている。また、ピットストップ・プラクティスやフリースタイル・モトクロスなども、モータースポーツ・パレードの一環として予定されている。

このパレードは、同じインターコンチネンタルGTチャレンジのSpa Total 24Hで行われている、サーキットからドライバーが歴史的な街並みを走行するパレードにインスピレーションを得ている。

インターコンチネンタルGTチャレンジのオーガナイザーであるSRO Motorsports Groupは、SUZUKA 10Hにおけるモビリティランドのカウンターパートとして緊密に協力し、スパ・フランコルシャンのヒストリック・パレードの精神を再現することにした。

一方、「泡トラ」は土日両日とも、家族連れを含む多くのファンを楽しませることになるだろう。

「泡トラ」とは「泡」と「デコトラ」というフェスティバルの中心コンテンツを合わせた造語で、ヨーロッパの有名な観光地、イビザの「泡パーティー」と日本独特の文化であるきらびやかな「デコトラ」を合わせて、このSUZUKA 10Hを誰もが楽しめるお祭りとするべく発案された。

鈴鹿10Hについて

今シーズン、アジアにおける唯一のインターコンチネンタルGTチャレンジの大会となる鈴鹿10時間耐久レースは、SRO Motorsports Group、Super GTのオーガナイザーであるGTAがコラボレーションパートナーとなり開催される。

このレースは世界中のFIA GT3マシンと、同じマシンを走らせている日本のチーム、そしてSuper GTのGT300カテゴリーでしか見られないJAF GTスペック車両が同じフィールドで競争する機会を提供する。

8月の第47回サマー・エンデュランス・レースは、過去の鈴鹿1000kmの遺産を基盤にしている。近年においてはSuper GTの最大イベントとして知られていたが、このレースは鈴鹿サーキットの1966年の設立以来、FIA GT選手権、BPRシリーズ、世界スポーツカー選手権、そして全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権としても開催されていた。

本大会の公式タイヤサプライヤーとして、Pirelli Tyresが選出され、大会賞金として総額1億円が確定した。

インターコンチネンタルGTチャレンジは、7月26-29日に開催されるSpa24時間、その後に今シーズンのハイライトとなる鈴鹿10時間耐久(SUZUKA 10H)が8月24-26日、その後ラグナ・セカ・レースウェイのCalifornia 8Hourが10月26-28に開催され、2月のLiqui-Moly バサースト12時間から始まったシーズンの幕を閉じる。